人気ブログランキング |
カテゴリ:撮影機材・ソフト関連( 3 )

2020年 02月 15日
Zマウント導入。
Zマウント導入。_f0235723_19412875.jpg
nikon D810 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 2020.02.12撮影



数日前言っていた通り、D800が故障したことと、ニコンがまたキャッシュバックキャンペーンを始めた事を契機に
今回、Zマウントを導入しました。

今回はZ6+24+70f4+FTZのキットを購入。
ボディ単体で購入するよりも割安で、どうしても欲しいFマウント用のアダプタを同時でとなると
レンズ付きのキットを買った方がお安くなります。
しかもこの三点セットのキットはキャッシュバックで40,000円引き。
このキットレンズも評判がよく、よく写るらしいのでお買い得感満載です。
しかも、このレンズはかなり小さめで軽いので、手軽にスナップで歩きたい時は重くならないので使い分けもできそうです。



そして、メインで使うために買った標準ズーム↓

Zマウント導入。_f0235723_19413415.jpg
nikon D810 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 2020.02.12撮影


S-Lineの文字が光る、Zマウント大三元標準ズーム。
24-70f2.8もキャッシュバック対象だった事もあり思い切って購入。

Fマウントの大三元標準ズームよりも200ℊ軽くなっていて、
D800系とFマウント大三元ズームの組み合わせと比べ、ボディZ6の重さ込みで600g近い軽量化になります。

自分の場合、圧倒的に標準域の使用率が高いので、高性能な標準ズーム一本あれば
とりあえず撮影は問題なくこなせるので今回のキャッシュバックは絶好の機会だと思い同時購入しました。
望遠域で足りない分は、Fマウントアダプターをかませて、70-300を使用してしのぎたいと思っています。
Z版の70-300はロードマップにもないし、まだ当分出しそうもないですし。


Zマウント導入。_f0235723_19414040.jpg
nikon D810 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 2020.02.12撮影


改めてみると、マウント径はやっぱり大きいですね。
この大きなマウント径の恩恵でFマウント時代よりも画質はかなり向上しているらしいので
Z大三元ズームの移りの凄さがどんなものなのか、楽しみです(^^♪

そして、自分にとって、いい誤算もあって、ピクチャーコントロールが多彩で
モノクロからフィルム調、ポップやデイドリーム、トイフォト調など、
オリンパスのカメラで言うところのアートフィルターが
RAWで撮影できる点もいいですね。



今回Z6+レンズ+アダプタキットを255,800円で購入。
キャッシュバックで40,000円、キャッシュレス決済での5%還元で12,600円ほど還元されて、
さらにクレジットのポイントもついて千円ちょっとつくので
20万円ちょっとの価格で実質購入できました。

ですがこの2日後、同じ店で8000円安くなって売られていたので、ちょっと買うの早すぎたかな~と凹みました(^_^;)
もし二日後の価格だったら確実に20万円切ってましたからね。
ということで、中古で買うとこのキットレンズは4.5万円ほど、マウントアダプタも1万円以上するので
Z6が新品で15万円台で買えたことになります。

24-70f2.8は259,280円でキャッシュバックで2万円安くなるので239,280円で購入できました。
こちらはFマウントの同格のレンズと比べると若干高いですが性能を考えると仕方ない所です・・・(^_^;)

今後のZマウントシステムの広がりや新たなカメラの性能次第で
FマウントからZマウントへの切り替えも視野に入れて、当分はZとFの併用で行きたいと思っています。
自分はレンズはあまり持ってないので、Fマウントレンズでいらないレンズとなると、
DX版のレンズを処分するくらいしかなく、機材売却しても大した金額にはなりませんが(^^;
それに、Fマウントシステムは一眼レフならではの撮る楽しさがあるので
ミラーレスと一眼レフ、どちらも一長一短といった感じで完全にFマウントシステム売却という決断はまだできない感じです。

新しいカメラも買ったことだし、今後は撮影に励みたいところ(^^)
早く休みに試し撮りに行きたいです♪



ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキング


にほんブログ村



by windmark-sakura | 2020-02-15 21:13 | 撮影機材・ソフト関連 | Trackback | Comments(8)
2019年 09月 26日
Carl Zeiss Distagon購入。

Carl Zeiss Distagon購入。_f0235723_19222316.jpg
nikon D800 ニコン AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED 2019.09.26撮影



10月の増税前に思い切って、マップカメラさんで
D810の中古とCarl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZF.2を購入しました。


Carl Zeiss Distagon購入。_f0235723_20021730.jpg
nikon D800 ニコン AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED 2019.09.26撮影



当初はNikonのZシリーズを買おうと決めていたのですが、やはり来年の今頃には
後継機は出るだろうと考えると、キャッシュバックの値引きを入れても
なんかお得感が無い・・・、という事と、今メインで使っているD800のAFの調子が良くない。
電源のオン、オフ時もちょっと挙動がおかしくなってきていたので、ならばと
コスパが高く、D800よりも性能も上であるD810を購入を決めた次第です。

D850も考えましたが、こちらは画素数が4500万画素越えでZ7にはあるボディ内手ぶれ補正が無い為、パス。

Z7のレンズ+アダプタキットを買うよりも20万円以上安く、写りもさほどの大差はないですし。
その浮いたお金で念願のツァイスレンズを購入しました(^^)
D810とDistagon T* 1.4/35 ZF.2を買っても、24万ちょっと。
それでもZ7の新品キットよりも安いんですから自分はこちらを選びました。

Nikonのミラーレスは画質面はともかく、機能面やAF周りがレフ機と比べるとまだまだだし
第二世代が出揃ってから改めて考えたいという結論に至り、今回は導入をパスしました。

DxOのカメラのベンチマーク一覧を見て、カメラのスコアを元にコスパも考慮して買う機種を選定すると
D810以外にもα7RⅡ、α7RⅢ、もかなりお得ですが、
自分はEマウントユーザーではないし導入するとなると、新規購入でかなりの出費になる。
結局Zマウント導入と同じくらいお金がかかってしまうし、いずれはZマウントの導入も考えている身としては
無駄な散財になると感じたのでここは断念。
レンズ資産があり、ミラーレスよりも性能面も安定していて成熟している
Fマウントを活かそうという結論に至りました。

レフ機の良さはやはり堅牢性と成熟した機能面や安定性ですし、あと2,3年はレフ機現役で行こうと(^_^;)
ミラーレスが欲しくなったら、値段がこなれてくるであろうα第三世代の中古か
Z第一世代の中古なんかで十分な様な気がして。
ミラーレス機の導入目的は機材の軽量化以外にはオールドレンズ遊びですから、それまでにはZマウントの
レンズもある程度揃うでしょうし、価格もこなれてくるでしょう。
Zマウント導入なら必ず買いたいNIKKOR Z 24-70F2.8Sは買いたいですがまだちょっと高いですしね(^_^;)


とりあえず、新レンズ、Distagon T* 1.4/35 ZF.2で試写。


Carl Zeiss Distagon購入。_f0235723_20044416.jpg
nikon D800 ニコン Carl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZF.2 2019.09.26撮影


解放の描写はかなりボケますね。
シグマの50㎜ F1.4のボケ味とはまた違った感じで、ボケる部分とピンが来てる部分のシャープさは凄いです。

箱の上部の二線ボケが気になりますが、描写性能が高い故に起こる現象でもあるので
これはこのレンズの味という事でしょう。
現行で売られていた頃は17万以上はしたレンズですがここ最近のミラーレス移行の流れで108000円で買えました。

念願の初ツァイス、やっぱりNikon純正とは違う味わいでこの色ノリと描写はいいですね~(^^♪
35mmはスナップでもガンガン使える画角なので、この描写はメイン機材になりそうです♪
ここぞという時の奥の手レンズという使い方で重宝しそう。

総括すると、今回の機材購入でD810を3年使用をすることを考慮すれば、年間約44500円前後のコスト。
ボディは不要となれば僅かですが、買い取りで下取りに出すことができるので
年間コストは4万円を切る計算。

Z7を後継機が出るであろう1~2年後まで使う計算で後継機発表と同時に買い換えたとしても
年間コストで計算すると2年で計算しても年間5~6万円のコストなのでどう考えても割高です。
Z6だと自分はクロップ機能を多用する為、
クロップした場合の画素数が足りなくなるので購入候補からは外しました。

個人的に必要な画素数は3600万画素から上限は今現在現行のD850並の4500万画素が限界かなと。
α7RⅣの6100万画素は明らかにやり過ぎな感じがしますし、クロップも考慮しての運用なら
APS-C換算で1900万画素なるZ7やD850でも十分すぎるほど。
D800/D810の3600万画素なら1500万画素以上確保できますから自分には十分です。

今回の機材購入で、当分は物欲に苛まれず撮影に専念できそうです(笑)
個人的にはいい買い物が出来たと思っています(^^;



ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキング


にほんブログ村


買って満足!あなたの買い物レポート!





by windmark-sakura | 2019-09-26 21:15 | 撮影機材・ソフト関連 | Trackback | Comments(8)
2011年 11月 14日
D700購入顛末記。
D700購入顛末記。_f0235723_2004214.jpg
nikon D300 ニコン AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR 2011.11.14撮影

日曜日、キタムラカメラへオリンパスE-P3を買い取ってもらう為に
行ったのですが・・・、

  続きはこちら →More  

by windmark-sakura | 2011-11-14 20:27 | 撮影機材・ソフト関連 | Trackback | Comments(6)