2018年 10月 04日 ( 1 )

2018年 10月 04日
混沌。
f0235723_18441772.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO 2018.09.28撮影



在庫から。

先日、デジカメinfoでインタビューが載っていたが
オリンパスはm4/3システムに専念するという記事が載っていた。
今回はちょっと苦言になるのだが、

いつも感じることだがオリンパスのいう話は結構話半分で
以前フォーサーズの時もやめないと言いつつ、結局フェイドアウトでマウント終了宣言を
しているし、フィルム時代だってOMマウントを捨ててる経緯がある。

結構ふかし発言も多いし、まあ、あまりこのメーカーのいう事を
鵜呑みにするのはいかがなものかと思う。
来年あたり、旗色が悪くなるとしれっとフルサイズ機出しますとか言いそうで・・・。

誰かが書いていたが2マウント体制にしないとカメラの機種ごとの差をつけにくくなって
やっぱり利益を出すのが難しくなるのだからやるべきだが、
オリンパスには2マウント体制を維持するほどの開発能力も企業体力も無いという事で
このままだと先細りだと思う。

m4/3でも素子のブレイクスルーがあればフルサイズ並みの画質が得られる
云々言ってる人もいるが、m4/3素子の画質が向上するって事は
35mm版の素子の能力も向上するのだから
画質面でフルサイズ機に並ぶことはないんだけどな・・・。

m4/3システムが生き残る道は、徹底的な軽量化と堅牢性、防塵防滴防水などの機能面を
押し出していくほかないと思うのだが。
オリンパス機から軽量で嵩張らないという点を無くしてしまったら何も残らないメーカーなんだから
ここ最近の高級機=重量増という傾向は以前も言ってたが
マイクロの強みを捨てる行為でしかないと思う。

個人的にはE-M1MarkⅡでももっと軽くできると思っているのでフラッグシップ機でも
E-M5系並の軽さにできないものだろうか。
防塵防滴、さらには防水も付けて、強力な手ぶれ補正とダストリダクションという武器があれば
ニッチな需要ではあるが十分やっていけると思う。
オリンパスのコンデジは防水機能があって何だかんだで結構売れてるんだし、
自分の様にハードに使い込む、悪天でも持ち出すような人には需要はある。

そして何より、今のオリンパスはm4/3のみなのに機種を出し過ぎてる。
E-M10系やE-PL系は廃統合すべきだと思うのだが・・・。
来年はさらにもう一系統増やすようなこと言ってるし、何をしたいんだか・・・。
防塵防滴の無い機種は魅力を感じない。m4/3に専念するのは結構だが
そういう無駄な開発からカットしていく事が一番重要じゃないのかと思う。
少しでも価格を安くしてよと。フルサイズ機と変わらないような価格で数は売れない。

市場がオリンパスに求めているものをもっと汲み取るべき。
売れてる機種や傾向で普通に判る事だと思うのだが、そこがこのメーカーの
鈍感な所なんだろうと思う。
既存のユーザーの大きい声に引っ張られ過ぎ。カメラが欲しい消費者と既存のユーザーとは
求めてるものは違うんよ。

オリンパスの理屈が正しいなら昨今のフルサイズ機ブームは何なのという話だし。
価格的にもフルサイズとどっこいの価格設定では
やっぱり手が出ないのは当たり前だと思うのだが、来年、
E-M1MarkⅡの上の機種を出すって言ってるし、
マーケティング大丈夫なのか?と感じちゃうんだが。



ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキング


にほんブログ村

by windmark-sakura | 2018-10-04 19:36 | ストリートフォト・街スナップ | Trackback | Comments(2)