人気ブログランキング |
2018年 09月 26日 ( 1 )

2018年 09月 26日
光を求めて。
f0235723_190689.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO 2018.09.17撮影




暗闇の先にある光。




昨日、パナソニックからフルサイズミラーレス機への参入が正式発表があった。
来年発売らしいが画素数はNikonのZシリーズと同じ47MPと24MPという高画素機と低画素機の
二機種発売との事。

Nikon、Canonに続き、パナまでもフルサイズミラーレス市場に参入と
この市場の競争が一気に激しくなってきましたね。
SONYの独壇場だったフルサイズミラーレスという市場は一気にレッドオーシャンに
なってしまったわけですが、、この流れが本格化すると
フルサイズ機を出す予定が無いOLYMPUSやリコーは
取り残されて淘汰される可能性もあるのではないかと感じます。

どこのメーカーも2マウント体制を維持する感じですから
OLYMPUSもフルサイズ市場に参入する可能性はあると感じます。
フジでさえもAPS-Cと中判の2マウント体制ですから。

オリンパスがフルサイズ機をやるのは反対という古参のフォーサーズ時代からの
OLYMPUSユーザーが結構いるようですが、自分が以前言っていた通り、
やっぱり大型センサー機と小型センサー機の2マウントを展開できないと
やっぱりカメラ事業を続けていくのは厳しくなると思っていたので
フォーサーズマウントの立ち上げ理念構想に反すると言っても仕方の無い事だと思います。

マイクロフォーサーズの画質面の進歩も煮詰まってきた感がありますし
これ以上高機能化すると言っても限界な感じがします。
無駄にあれこれつけてマイクロの利点である
軽くて小さいというエッジを捨ててしまっている気がします。

今のOLYMPUSのマイクロ機の機種の展開に無理があると以前から思っていました。
PENシリーズからOM-Dシリーズまで画素数横並びで連写数や防塵防滴などの機能面の差以外
特徴が無いのになんであんなに何機種も展開するのかな~と。
PENーFシリーズとOMーD E-M1系とE-M5系に機種を絞ってそれ以外は廃止で
新たなマウントに注力すればいいと思うのですが・・・。

マイクロの機種更新は4年に一度くらいでいい感じがします。
マイクロは小型軽量重視の需要を取り込むために維持しつつ
早くフルサイズマウントを立ち上げてほしいと個人的には感じますね。
コンデジ市場から流れてくる需要やフルサイズ機のサブ機としての小型機の存在として
マイクロマウントは需要はあると思います。

フルサイズマウントとフォーサーズのマウントは両立していけると思うのですが
どうも悲観的な意見が多い気がします。

もし、フルサイズに参入となると、どうオリンパスは動くのか?

可能性としては、

①遅れてパナ+ライカ+シグマ陣営に加入。

②資本提携しているSONYのEマウントへの参入。

③まだ参入していないリコーペンタと手を組んで新マウント立ち上げ。

④Nikon、Canonへのマウントへ参入。

多分④は無いと思う。
一番可能性があるのは①か②だと感じます。
リコーとオリンパスが組んで新マウントを作ると言ってもリコー側のお家事情を鑑みると
かなり厳しい気がします。

SONYのマウントシステムは今年の各社新マウントの発表を見る限り
今後厳しくなるような気がします。
如何せんAPS-Cサイズのマウントを無理やりフルサイズで使ってるマウントですから
画質面での性能差が時間がたつにつれれて出てくると思っています。

やっぱりNikonのZマウントか今回発表になったパナ+ライカ+シグマ連合のライカLマウントが
可能性を一番感じますね。
Canonの新マウントは基本機能であるボディ側の手ぶれ補正機能がついてないので
自分が買うとしたら選択肢からは外れます。

パナは今後フルサイズミラーレス機の市場の中で台風の目になりそうな予感がします。

個人的にはリコーから発表があったGRⅢが非常に気になります(^^)



ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキング


にほんブログ村

by windmark-sakura | 2018-09-26 20:38 | ストリートフォト・街スナップ | Trackback | Comments(2)