人気ブログランキング |
2016年 11月 02日 ( 1 )

2016年 11月 02日
燃え立つ窓辺。
f0235723_19385795.jpg
nikon D800 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 2016.11.01撮影


昨日夕方の写真から。


さて、今日、OLYMPUSのOM-D E-M1 Mark Ⅱの発売の発表があった。
ちょっと今日は独りよがりであるが長く語らせてもらう。


価格はキタムラで衝撃の21万越え・・・。
いくらなんでも高すぎるのいうのが自分の感想。

この価格なら、普通にフルサイズのデジイチが買えてしまうからだ。
携帯性、軽さ重視というだけで
この価格を払うのはマイクロフォーサーズのカメラには自分には無理。

既存のOLYMPUSユーザーなら買い替えという事で渋々だが買い換える可能性は高いだろうが
やはり買い替えであっても、
今日の発表を見て様子見でもう少し待ってからというオリユーザーも多い。
新規でこのマウントに乗り換える、買い増しする!って人は
今回の予約価格をみてパスや様子見という人が圧倒的に多いのではないだろうか。

多分OM-D E-M1 Mark ⅡはダイナミックレンジやISO感度の進化はさほど無く
AF性能や連写性能の強化が目玉であって、根本的な画質の向上は無いような気がするのだ。

DXOのカメラ性能比較を参考にしてもOLYMPUSのカメラは画質は大体横並び、
OM-D E-M1 とOM-D E-M5 Mark Ⅱ、PEN Fの画質の差はほとんどない。
これだけ発売日の違う機種であってもここ数年画質の向上はしていないのだ。

今回のOM-D E-M1 Mark Ⅱも画素数は上がっているので多少の画質向上はあるかもしれないが
OLYMPUSの広報が言っているようなAPS-Cサイズのカメラを凌ぐ性能というのは
画質面では眉に唾をつけて聞いておいた方がいい。

これだけの金額を出して新規マウントとしてこのカメラを買うなら1インチセンサーの
高級コンデジで十分だと自分は感じる。

要は、OLYMPUSの交換式ミラーレスのカメラが必要というユーザーは
圧倒的に軽くて堅牢性のある望遠画角が安く組めるマウントという点に価値を見出すのであって
街をぶらつきながら撮るスナップユーザーは
必要画角がある程度決まっていて望遠域は必要としないので高級コンデジでいいし、
風景写真や動体撮影をしないネイチャー系の写真を撮るユーザーなら
今回の売りである連写性能などはあまり必要としていないし
フォーサーズのセンサーサイズでは画質面で物足りないだろう。

結局は高感度の性能とダイナミックレンジがAPS-Cサイズを越える性能にならない限り
この価格設定は無謀だし、明らかにコスパが悪いカメラなのだ。
小型軽量の高級コンデジはフォーサーズカメラに迫る画質で
このカメラの価格の三分の一以下で買えるという事が
このマウントの立ち位置の苦しさを暗示している・・・。

12-40の付いたレンズキットE-M1が12万以下で買える現在の価格だと魅力的に見えてくる
現状だとボディ単体で20万越える価格はあり得ない・・・。

結局、今のOLYMPUSのマウントに魅力を感じるとユーザーは、
鳥などの動き物を望遠で捉えるとか、乗り物や動物の撮影、
金には糸目をつけない兎に角軽量で持ち歩けるスナップシューターなどだろう。

フジのXマウントもかなり性能は上がってきているし、
APS-CセンサーでISO感度面はこちらが有利。しかも価格はE-M1MarkⅡよりも安いと来ている。
ISO感度の割り切りができるなら
Canonのパワーショットシリーズのコンデジでも十分な性能で
スナップ写真屋にはマイクロフォーサーズよりも軽量で
嵩張らないという意味ではこちらの方が圧倒的なのだ。

携帯性や重量重視で見るにしても、画質感度重視で見ても、どっちつかずな上にコスパが悪いんだ。
OLYMPUSの画作りが独特で自分は好きではあるがその為だけで
カメラを買うというのは自分の様な貧乏photo grapherには無理なんだ・・・。

だから買うなら自分はE-M1 12-40mm F2.8 レンズキットで十分だと自分は思っちゃう。
このセットは価格からいっても魅力的だと映るという事は
やっぱフォーサーズマウントのカメラの価格って
この位が妥当なのかなと思うわけで・・・。

今日の衝撃の予約価格を見てこれなら FUJIFILM X-Pro2や
Nikonのフルサイズデジイチを買い増しした方がいいやって思ってしまう自分がいた。
重量でいってもX-Pro2とXF16-55mmF2.8 R LM WR、E-M1 Mark Ⅱと12-40mm F2.8の
組み合わせの重量の差が200gも無いっていうのも
今回のE-M1 Mark Ⅱが微妙に感じてしまう点なのだ。

不思議なことに今回の発売日の発表と価格を目にして今まで気にもしなかった
フジのX-Pro2やNikonのD750やD810が魅力的で物欲を刺激してしまうのだから
今回の価格設定はやっぱり無謀だったのでは?と感じずにはいれないのだ。

ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2016-11-02 21:34 | ニューカラー調・フィルム調 | Trackback | Comments(2)