人気ブログランキング |
2020年 06月 26日
雷雲広がる。
雷雲広がる。_f0235723_17370802.jpg
nikon Z6 ニコン NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S 2020.06.26撮影




夕方、雷雲が広がる空。




昨日に引き続き、オリンパスカメラ事業への撤退の話だが、
やっぱりマイクロフォーサーズマウント一本の事業戦略は無理があったと思う。

スマホの画像素子より少し大きいくらいで、スマホとの差別化が図り難く、
コンデジからスマホに食われていったことを考えると
小型の素子のカメラはどう考えても値段的にも重量や機能性を考えても、スマホよりも小型化できないし
値段も安くもできないので、今思うと、結局はスマホに食われる運命だったのかもしれない。

やっぱりカメラとして生き残るマウントは将来、フルサイズ以上の素子サイズじゃないと
スマホとの棲み分けは出来ない気がする。
キヤノンとソニーは企業体力的には安泰と考えると、一番危ないのはリコーペンタックスとニコンになる・・・。

Zマウントはレンズもカメラも価格設定が高すぎ。
あれじゃ、シェアは伸びそうもないし、サードパーティのレンズを作らせない、
ニコンのマウント技術の囲い込み戦略も完全に裏目。

ニコンは三菱財閥系だから困ったときは財閥企業が助けてくれる云々という話題が出ているが
果たして斜陽産業のカメラ事業を身銭を切って助けるのか、疑問である。

ニコンの場合、早くZマウントのレンズを充実させることと、安価なズームレンズや単焦点を揃えないと
新規参入者は出てこないので、オリンパスと同じ運命を辿るしかなくなるだろう。


アサヒカメラ休刊にオリンパスがカメラ事業から撤退と今年はまだ何かありそうな気がする。
今年はカメラ業界にとっては厳しい年になりそうだ。




ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキング


にほんブログ村



by windmark-sakura | 2020-06-26 18:01 | 積乱雲 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://sakuramark.exblog.jp/tb/31246447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by blackfacesheep2 at 2020-06-27 08:52
梅雨の谷間によくみられる印象的な空ですね。
曖昧な透明度で、湿度の高さを感じます。

オリンパス、マイクロフォーサーズと言うセンサーにこだわり過ぎましたね。
盟友のパナソニックはその限界を冷静に見極め、フルフレーム機も導入したと言うのに。

次はPentaxでしょうか・・・一眼レフしかないですからね。
いまどき多機能なミラーレスに舵を切れない会社は生き残れないと思います。

Nikonも不器用ですが、Nikonはその不器用さゆえに生き残ると思います。
ただ、サードパーティをもっと活用した方がいいだろうなあ、情報開示した方が良いと思います。^^
Commented by yuu-chang0521 at 2020-06-27 19:47
こんばんは。

今年はコロナの影響でイベントが中止になって、写真に撮るものが無くなる人が増えたのも
ある意味一因かも知れませんね。

sakuraさんみたいに、自分から題材を見つけて撮れる人と、イベント頼りの人とでカメラを触ることに大きな差が出来て
しまったと思います。

その差が、カメラ業界再編の動きとも関連しているのではないかと思います。

コロナ関連の不景気の一種とも言えるのではないかと思います。
Commented by windmark-sakura at 2020-06-27 20:19
> blackfacesheep2さん

太陽の光がふわっとしていて、幻想的な空模様でした。
この後雷も鳴って、土砂降りになりましたが(;・∀・)

オリンパス、内情はかなり苦しかったんでしょうね。
マイクロマウント一本では上位機種との価格差を図れないですからいずれ破綻するとは思っていました。

でもあまりにも突然でしたね・・・。
パナはやっぱりマイクロフォーサーズに見切りをつけていたんでしょうね。
じゃなきゃ、新マウントを作るなんてことはしないでしょうし、やっぱそういう事だったんだなと。

ペンタはペンタックスブランドとしては
もうカメラをほとんど出してないので、今後はフェースアウトなんでしょうかね。
リコーGRシリーズのみ気を吐いてますが、末期であることは間違いなさそうです。

ニコンはさっさとレンズ揃えて早く攻勢に出ないと手遅れでしょうね。
Zのシェア、全然伸びてないのでソニーには溝を開けられるばかりです。
Commented by windmark-sakura at 2020-06-27 20:31
>yuu-chang0521さん

今回のコロナはとどめに近い感じだったと思いますね。
殆どの撮影はスマホで十分という人が圧倒的で、僅かなカメラ購入層が外撮りに行けないとなったら
新しくカメラなんか買わないでしょうしね。

オリンパスは屋外のフィールド向けの機動力重視のアクティブなカメラメーカーですし
今回のステイホームで外に出れないなら、買わないですよね(;・∀・)

インスタ映えする場所や有名観光地を撮りに行くようなライトなユーザーは
スマホで十分だと思っていて表現者としての思考や視点なんかないですし
イベントを撮る様なアマチュアカメラマンみたいな人たちは
撮影機材や技術にだけしか目がいかないので、外出自粛委面と中止となればお手上げですから。

写真を芸術の域にまでもっていくという、
表現活動、表現行為が理解できないと今後のカメラ業界や写真関連の業界は苦しいと思いますよ。
記録としてならスマホでも十分なんですからね。
Commented by えふ5.6 at 2020-06-28 19:12 x
カメラメーカーの中では、次はリコーペンタックスとニコンが怪しいですね。
リコーペンタックスは、現状、ミラーレスを作ろうとしていないようなので、
ユーザーがどこまでついていってくれるのか、やや疑問です。
ニコンには頑張って欲しいのですが、Zマウントは、おっしゃるようにレンズのラインナップが薄いですね。
70-300ぐらいの望遠レンズは、もっと早めに出てもいいように思います。
現状でフルサイズのミラーレスを買おうとしたら、
やっぱり、実績があって、レンズラインナップが豊富なソニーを選ぶ人が多いように思います。
Commented by windmark-sakura at 2020-06-28 20:37
> えふ5.6さん

今度ヤバいと思うところは、リコーペンタで次がニコンという順番ですよね、どう考えても(;・∀・)

リコーは事業は早い段階で畳んでいて、開発費はほとんど使ってないみたいなので細々と
昔の山水電気の様な立ち位置になる可能性もありますが・・・。

ニコンのZシステムはとにかくレンズの数が少ない、高い!に尽きます。
シェアを取ろうと思ったら少数の一部のスペックマニアやニコン信者のことなんか
聞かなくていいのでスマホからステップアップした人たちが買いたいと思う、
一般受けするものを作らないと無理でしょうね。

その点、ソニーはうまくやってますよね。
旧機種もディスコンにしないで安く売るラインナップ戦略で幅広くユーザーを獲得してますし。
フルサイズ機が20万以下で買えるって、ソニーくらいでしょうし。

α7が出たころは、デザインがかっこ悪いと揶揄されましたが
イオスRやZはさらにかっこ悪いですからね(;・∀・)
今見ると、ソニーのα7シリーズのデザインが
かっこいいと思える自分がいますから、なれって怖いですね(;´・ω・)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 6月の花嫁。      緑のオブジェ。 >>