2018年 08月 01日
壁に記された規則性。
f0235723_19203181.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO 2018.07.31撮影



トタン壁の規則性ある表情。


ここ最近、Nikonミラーレス機の情報リークが賑わっているが
情報をを読む限りではカメラの大きさはα7よりも少し重くなるくらい?なのかなと。
600gくらいの重量に抑えてほしい所ではあるが・・・。

問題はマウント径を大きくしたことによってどれだけレンズを小さくすることができるのか。
ソニー機と比べてあまり小さく出来ないのなら
マウントを大きくすることでの小型化は今後もあまり期待できそうもない。

F2.8通しの標準ズームで600gとかにできれば革新的なのだが
果たしてどれだけの恩恵があるのか気になる。

ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキング


にほんブログ村

by windmark-sakura | 2018-08-01 19:46 | ストリートフォト・街スナップ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sakuramark.exblog.jp/tb/29967710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えふ5.6 at 2018-08-04 15:46 x
ニコンのミラーレスの新しいティザー広告を見ましたが、
思ったより大きくない感じですね。
この大きなマウント径で、もし600gぐらいに収まるのなら、
とても魅力的だと思います。
もともとAPS-C基準で作られたであろうEマウントと
中判も収まりそうな新しいニコンのマウント、
将来どちらが有利に働くか見ものです。
私は、メインカメラをニコンからオリンパスに移行しましたが、
再びニコンに戻りたいと思えるカメラが登場することを期待したいです。
まあ、実際に買うかどうかは、全く別問題ですが。^^
Commented by windmark-sakura at 2018-08-06 20:47
> えふ5.6さん

Nikonのフルサイズミラーレスに期待する理由はSONY以外で堅牢性も含めた
オールドレンズを使うための旗艦システムが最大の目的なので
期待は高いです。

後はミラーレス専用のレンズ群がいつ揃うかだと思います。
アダプターをかませて使うのはあくまでも一時的な処置なのでレンズが揃ってから自分は動くと思います。
少なくとも大三元ズーム、標準F4通しの4倍ズームが出るまで見かな~と。

レンズも大口径マウントという事ですし、2割ぐらいは軽量化できたらいいですけどね(^^;
マウント径を大きくとった事でレンズがどれくらいコンパクトで軽くなるのかが気になるところです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 穿つ。      侵食。 >>