2018年 02月 19日
枯立木。
f0235723_21505353.jpg
nikon D800 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 2018.02.16撮影



先週末も遠州浜への撮影で大量に撮って来たので編集すべき画像が溜まる一方だ・・・。

今月は2回ほど海岸沿いを歩いているが何もない荒漠な空間は自分にとっては
創作意欲をかき立てるようで写欲が湧いてくる。

山間部の方が自分はダメなのかな~と。
太陽光の関係もあるので午後曇ってしまった所為もあったし一概には言えないのだが。

ここ数年で海岸沿いの撮影は結構やってきているので自分の住んでいる地域ではほぼ撮影済みの
場所も多くなってきた。

水窪、佐久間方面はいくら静岡西部地区といっても、なかなか行くには大変な場所。
飯田線を使って鉄道写真を撮りながらの気ままなローカル線の旅も悪くない。
問題は泊まり込みで撮影できる時間が取れるかどうかだ・・・(^_^;)


ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキング


にほんブログ村

by windmark-sakura | 2018-02-19 22:02 | 冬の記憶 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sakuramark.exblog.jp/tb/29599474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えふ5.6 at 2018-02-19 23:41 x
空の横へのグラデーションが不思議な感じです。
横に回したわけではないですよね?
枝ぶりも惹かれますね。

>何もない荒漠な空間
こういうところで、写欲が湧くというのはすごいです。
同じところを歩いたわけではないので、想像なのですが、
自分なら、なーんにもないなーって感じで
引き返すところではないかと思います。

>飯田線を使って鉄道写真
これは面白そうですね。
ぜひ、実現させてください。(^^)
Commented by windmark-sakura at 2018-02-20 21:53
>えふ5.6さん

特にこれは回転させてはいないですね(^_^;)
この立ち枯れた枯れ木の枝ぶりに惹かれてつい撮ってしまいました(^^;

自分は悪所で誰も立ち寄らないような荒漠な場所の方が好きですね。
あまりごちゃごちゃした場所だと何を切り取るのか目移りする所為かうまく撮影できないです。
海岸や冬の荒れ地なのど、拓けた場所で太陽光がガンガン当たる場所はなんか好きなんです。

いつかは飯田線の旅をやってみたいなと思っています(^^)
夏は暑そうだからやっぱり秋ぐらいがいいかもしれないです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 冬の休耕地。      板壁に佇むもの。 >>