人気ブログランキング |
2011年 05月 08日
【討論!】鳴動する政局の本質と日本の行方[桜H23/5/7]






久々に西部先生の議論が聞けたな~^^
今回の議論は西部節炸裂でしかも非常に勉強になった議論だった。
いつもの議論だとデータを出したりして細かい話に終始してしまう所だが今回は日本の今の現状や
現代日本人の欺瞞や偽善、思考の狂いっぷりがあぶり出されたと思う。

やっぱ、戦後日本の平和思想って毒に近い考え方だと定義付けしたい。
安全のためなら他人がどうなってもかまわない、都合のいいスケープゴートを見つけ出して少数の人間や立場の弱い人間を思想的なリンチで袋叩きにして自分たちの溜飲を下げて責任転嫁しているだけなのが今の日本人の考え方なのだと感じる。
ヘイワだの平等だの自由だのと言っていながら自分達のいにそぐわぬ意見を持つ人間は袋叩きにするって何処が平等なんだと。弱者をいじめて平和だとか言ってるこの分裂したものの考え方。
結局は人ごとなんだよね。今回の原発事故の輿論やネット上の言論を見ていてもヒステリックでメチャクチャな思考で正論なんか通用しないと感じるし、こんな連中に何言っても無駄なのかもしれない。

また、今回の討論でも話された原発問題についてだが自分は原発推進派でも反対派でも無い。
原子力の事を悪魔の火と例えて西部先生や水島社長はおっしゃっていますが
まったくその通りで、一度手にしてしまったこの悪魔の火、悪魔と契約して今の豊かな生活社会を築いてきたという事を原発問題で危ないだの、反対だのと言ってる連中は解かって言ってるのかと。
悪魔との契約と言う事はもう選ぶ選ばないの問題ではなく強制されて共同正犯として扱われるって事。
引き返す事も選ぶ事も出来ないんだよ。
だとするなら、そうなってくればその悪魔を使いこなすよう努力していくしかないし自分が殺される可能性もあると思って覚悟を決めて付き合っていくしかない。
推進派もただ安全だのと言ってごまかしをやってきた。
また反対派も推進派に対して絶対安全だと言わせて自分達の責任が及ばない様にして責任転嫁してきたって事。まあどっちもどっちだと思う。
そもそも、はっきり言って安全だの、生命が大事だとか言ってるが、
そんなに危ないのが嫌で命が大事ならユッケなんか食うんじゃねーと(笑)

動画のコメントには批判が多いが自分は西部先生をこれからもっと出演させて欲しいな~。
中野先生と西部先生の師弟タッグは強力な布陣で今回の議論みたいなのをもっとどんどんやって欲しい。
チャンネル桜さん、頼みますよ!^^

by windmark-sakura | 2011-05-08 07:59 | 政治・社会・マスコミ関連 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakuramark.exblog.jp/tb/15935103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 久々に染まる夕焼け空。      重苦しい週末の夕空・・・。 >>