タグ:TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 ( 446 ) タグの人気記事

2017年 07月 21日
燃え尽きた日々
f0235723_1820822.jpg
nikon D700 TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO 撮影



アサヒカメラ 2017年 08月号 カラープリント部門にて5位入選致しました。


6月は全滅で入選が無かった為、2か月ぶりの入選となった。

自分としてはまだまだという感じがする。
今回はタイトルについての指摘があり、大みそかの方が良いのでは?という事だった。
最初、大晦日にしようと思ったが、安易すぎると感じ、タイトルをひねったのが仇となった。

それにしても、今年は入選数は多いがアサヒカメラの方は4位、5位でしか
選出されていない為、今後はもっと上位で選んで頂けるよう頑張りたい。
賞金額がアップした事もあり、去年よりもレベルは確実に上がっている。

目標はアサヒカメラ月例1位が目標であるが、今月のフォトコンの惨憺たる結果を見るに
自分はまだまだだと感じぜざるを得ない。

デジタルカメラマガジンの方も随分と入選が遠のいているし、
玄光社のフォトデジの投稿ギャラリーの方も随分と選んでもらっていない・・・。

どうも自分は長いスランプのトンネルに入る気がしてならない。



ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


アサヒカメラ 2017年 08 月号 [雑誌]

朝日新聞出版



by windmark-sakura | 2017-07-21 18:30 | フォトコンテスト入選・入賞関連 | Trackback | Comments(2)
2017年 02月 22日
冬田の傷跡
f0235723_2054897.jpg
nikon D700 TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO 撮影


フォトテクニックデジタル 3月号の読者投稿ギャラリーノンジャンル部門にて入選致しました。


[選評]

選者 テラウチマサト先生の選評

トイカメラで撮った様な、あるいはポジフィルムをネガ現像したような
”クロスプロセス”的な効果をレタッチで施した写真。ただ、
このレタッチが良かったかは意見が分かれるところだろう。

私としては素直な色味で見たいと感じた。しかし、枯れた冬の田んぼにカーブを描く
轍の跡と撮影者と自転車の影が、冬の風景に相まって寂しさや
荒涼とした気分を感じさせた。



2か月連続の入選。
先月は佳作でしたが今月は入選を頂くことができた。

さて、選評でも触れられている素直な色味で見たいという事なので
元データをRAW現像しただけのものと、
そこからPhotoshopで編集した途中過程の画像も掲載しておきます。



まずはRAW現像しただけのトリミングしてない状態の画像↓
f0235723_2145869.jpg




そして、そのあとPhotoshopでトーンや明るさ、シャープネス等を編集した加工前の状態↓
f0235723_216413.jpg


そして今回掲載された画像が一応完成形となるのですが、
この作品、完成画像はこの掲載された一枚だけではなく、
10パターンのバージョン違いの完成データがある。

その中から今回のデータを選んでプリントしたのが掲載されたわけです。
自分は一枚のデータから何枚ものバーションを作ってその中から一番しっくりくるものを
選ぶという形で作品を作っているので、一作品作るのに結構時間を要するのです。

まあ、こういう試行錯誤、経験の蓄積が今の自分の作風を作っているわけで・・・(^_^;)

あとは見る人の好みや、写真に対するスタンスで評価も変わってくると思います。
個人的には素の状態の写真は、なんか力が無く、インパクトに欠けると感じ、
デジタルらしい素直な描写が冬の荒漠で光量な景色のイメージを
増幅させてくれないと感じた訳です。

そこで編集をして、ハイキーでゆるい感じの編集をした時点で
これはトイカメラ加工してみると面白いかも、と感じ、加工したバージョン、
そしてクロスプロセスとトイカメラ加工の両方を加えたバージョンと
何パターンか作ってみたというのが作品編集の作業工程になります。

自分はいわば、トイカメラ、フィルムの粒状感フェチなわけで
真似する必要はないと思いますけどね(^^;
こういう絵肌が自分の体質なわけでまあ、この作品の賛否はテラウチ先生が言う通り
分れると思います。

ですが今月号、選んで頂き、作品も評価してくれている点は自分としては、ありがたい限りです。
反省点としては、やっぱりもうちょっと素直な表現を目指した方がよさそうだと感じました。


ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

フォトテクニックデジタル 2017年 3月号

玄光社



by windmark-sakura | 2017-02-22 21:22 | フォトコンテスト入選・入賞関連 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 21日
終宴の刻
f0235723_19574596.jpg
nikon D700 TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO 撮影


アサヒカメラ 2017年 03月号 カラープリント部門にて4位入選致しました。


アサヒカメラは今年2回目の掲載。

この作品はガンレフのストックに投稿してあった
京都旅行の紅葉写真のポートフォリオを送ったもの。
デジタルカメラマガジンのフォトコンでは選ばれることなく、放置されていたので
こちらに送ってみたのだがそれが功を奏した。

あくまでも、過去に編集した作品のストックであるし、去年今年撮ったもので勝負したいという
気持があるのが、如何せん作品数がカツカツで再編集や過去の未編集ストックからの作品化、
撮りに撮り貯め山積み状態の写真データを片っ端から編集していこうと思っている。

兎に角アサヒカメラと日本カメラに送る分は枚数が必要なので数を揃えるという事が
今は最優先課題だ。
4月頃までには少し余裕ができて作品のストックができると良いのだが・・・。

今回の選ばれた作品、自分には珍しく、デジタルフォトらしい風景写真という感じの
ガッツリ加工しない素直な編集で、
終わりゆく季節を感じさせる、この一枚が選ばれたのはうれしかった。

もともとはデジタル描写の風景写真は自分は本当はやりたかったスタイルではあるが
風景写真は撮影に行くのが大変で旅費もバカにならないし
自分の住んでいる地域で所謂ネイチャー系や雑誌 風景写真の様な王道的な風景写真を撮れる
場所が周辺に無いという事もあり、諦めたジャンルである。

だからその分、自分は地域の何気ない風景を撮る、日常風景を撮るという事に
傾斜していったきっかけでもあった。
そしてその何気ない風景を強烈かつ印象的な作品い仕上げたい、という思いから
試行錯誤し、今の作風を作り上げた。

表現とは迫られて、もしくは已むを得ずそうなるものであり
ラテン語でexpressus 押し出されるものであると思っている。
エスプレッソの語源でもあるのだが、やっぱりそうやって凝縮され、
押し出される形で出てくるもの、そういう所に身を置くことが表現者としての感性を磨くには
重要なのだと再認識した。

また、思いっきり加工したノスタルジックな作品とは対極の
最低限の編集のみで仕上げたデジタルチックな作品も選ばれ、
少しは表現の幅も広がってきたのかな?と感じさせる今回の掲載だった。

どちらかと言うと、加工過剰気味になる自分の作風を戒めながら
バランスを探りながら作品作りをしていきたい。


ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


アサヒカメラ 2017年 03 月号 [雑誌]

朝日新聞出版



by windmark-sakura | 2017-02-21 20:41 | フォトコンテスト入選・入賞関連 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 21日
一軒屋
f0235723_1958173.jpg
nikon D700 TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO 撮影


アサヒカメラ 2016年 10 月号 カラープリント部門にて5位入選致しました。


アサカメカラープリント部門は今年三回目の入選となった。

来月も3位で入選告知が載っていたので、今年はこのままで行けば4回の掲載、
12月号がどうなるか分からないが自身では最高記録を更新できたのはうれしい。

問題は念願の一位を撮る事だが、
こればかりはいい被写体に出会えるかどうかにもかかっているので難しい。
特にフォトコンではインパクトがあり、
手あかがついていない表現や被写体が選ばれる傾向が強いので
インパクトのある写真を撮れるかどうかは運次第という側面がどうしても強くなる。

兎に角夏の暑さも過ぎてこれから過ごしやすい季節にもなるので
頑張って撮影に出かけるしかない。
早く体調を元に戻して、街撮りに出かけたいと思う今日この頃。

肩の切開した傷口の回復にはもう少しかかりそうだが
長雨も止んで明日以降は天気も回復しそうだし出来る限り撮影には出たい。

今は動けない分、撮り貯めた作品の編集に集中してガンガンストックを作っていきたい。



さて今月選ばれた作品だが自分は結構気に入ってる作品で冬の澄んだ空を
絵画的な雰囲気に落とし込んで一枚の作品として仕上げた。
紙面の講評通り、アンドリュー・ワイエスの絵画の世界観を連想し作り上げた一枚。

編集部でも気に言って頂けたようで何よりです。
自分は冬になるとインスピレーションや創造性が掻き立てられるの性分で
夏の光景は色彩が多すぎて結構まとめるのが苦手な季節なんです(^_^;)
冬のモノトーン、褐色の世界観の方が作品を組み立てやすいというのがあります。

森山大道さんなんかは夏の光と影強烈な光線が写欲をかき立てるようですが
森山さん的に言えば、そこは欲望の質が違うんでしょうね。

人それぞれ、その人が欲する欲望を満たす写真を撮る、探すことが重要で
その為にはやはり撮り続ければ見えてこないので頑張らないといけないな~と思った次第です。



ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


アサヒカメラ 2016年 10 月号 [雑誌]

朝日新聞出版



by windmark-sakura | 2016-09-21 20:23 | フォトコンテスト入選・入賞関連 | Trackback | Comments(2)
2016年 07月 20日
闇の中のガスステーション
f0235723_20355029.jpg
nikon D700 TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO 撮影

デジタルカメラマガジン 2016年8月号選考〈プリント部門〉にて準優秀賞に選ばれました。


選者:岡嶋和幸 先生【講評】

都市郊外でよく目にする光景を、ストレートな視点で切り取られています。

セルフのガソリンスタンドは私も真夜中に利用することがありますが、
給油という目的を果たすことで頭がいっぱいで、
撮影しようと思ったことは一度もありませんでした。そして、
プリントを目にしたとき、「ニュー・カラー」の写真家たちの作品群を連想しました。
作者のコメントにもそれらをほうふつとさせるようなこの被写体の雰囲気に
魅力を感じたとあります。

個性的な色合いに仕上げられているのもその影響なのでしょう。
暗闇の中に浮かび上がるこのシーンに合っていて、
鮮烈な印象で目に飛び込んでくるなど効果的であると感じました。


2回目のプリント部門準優秀賞獲得しました(^^♪

今回も準で優秀賞は常連の方に阻まれてしまいましたが、久々に大きい入選で嬉しいです。
ガソリンスタンドは被写体として自分はすごく魅力に感じるんですよね。
やっぱりアメリカのニューカラー写真や画家エドワード・ホッパーのガソリンスタンドの絵や
代表作Night hawksのような絵画の影響を受けているのだと思います。

個人的には画家としては
ホッパーよりもアンドリュー・ワイエスの世界観の方が自分は好きですけどね(^^)

今年は頑張ってあと2回は入選出来たらな~と思っています。
そうすれば今年は写真コンテストの応募を始めて、
入選回数は最多になるので自分の限界を打ち破りたいです。

問題は作品の数をどう揃えていくか、仕上げれる枚数を多くするというのも今年の課題。
アサヒカメラ、玄光社フォトテクニックデジタル、デジタルカメラマガジン、
そして企業コンテストとかなりの数を作らないといけないので、
質と量を高めなければいけないのは最大の課題です。


ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


デジタルカメラマガジン 2016年8月号[雑誌]

インプレス



by windmark-sakura | 2016-07-20 20:56 | フォトコンテスト入選・入賞関連 | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 23日
孤立
f0235723_20383684.jpg
nikon D700 TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO 撮影


デジタルカメラマガジン 2015年10月号プリント部門にて、佳作に選ばれました。

デジタルカメラマガジン 2015年10月号選考〈プリント部門〉 プリント佳作作品
選者(岡嶋和幸 先生)からのコメント

【講評】変わりゆく街並みに取り残された電柱ということで、その孤立した存在をストレートに切り取られています。電柱の足元には壁画が描かれているなど、なかなかユニークなロケーションですね。このあとこの場所はどのように生まれ変わるのでしょう。以前の状態を知らない者としては、いろいろと興味深い1枚でもあります。



デジタルカメラマガジン初掲載となりました。
去年の暮れあたりから挑戦していましたがやっとこさの掲載。
普通にうれしい(^^♪

でも、紙面上ではアドバイスとして色々指摘されているので、今後の作品作りの改善点を
考え作風の練り直しや作品制作のスタンスの再考が必要なようです。

自分は結構作り上げていくスタイルの作品作りなので撮って出しやシンプルレタッチの
作品作りは非常に苦手です。
また、水彩画を描く影響もあってか、作品に対して汚したい願望もあって、
綺麗で緻密なデジタルっぽい描写より、時間によって風化劣化したアナログフォト、
ノスタルジックなフィルムの風合いに惹かれるというのもあって、なかなか自分の中で
折り合いをつけるのが難しい(^_^;)

これからはデジタルっぽい描写の作品も作っていく事を考えなければならないようです。
今後はさらに精進して入選以上に選ばれるよう精進してきたい次第です。


ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2015-09-23 20:48 | フォトコンテスト入選・入賞関連 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 20日
空と影のコンポジション
f0235723_6404668.jpg
nikon D700 TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO 撮影


フォトテクニックデジタル 08月号の読者投稿ギャラリーノンジャンル部門にて、入選致しました。

[選評]

選者 テラウチマサト先生の選評


写真はアートであるという予感を感じさせる作品である。
幾何学的抽象絵画を描いたピエト・モンドリアンの作品を連想させた。
ビルとその影が作る造形美、グラデの効いた青い空が生み出す風景は、限られた天気と
時間だけに現れる色。自然の中で撮影者だけが見つけ出した造形美だ。
小さな飛行機、の様な+αがあるとさらに上にいっただろう。


今年初めて雑誌投稿に入選しました。
先生が言われる通り、あとプラスアルファ何か空にでもあると
面白い写真になった可能性はあるのですが、こればかりは運ですからね・・・(^^;

飛行機雲くらいあるとまた違った印象になったのかもしれませんね。
この作品はテラウチ先生が言われる通り、アート性を重視した
抽象的な写真作品をイメージして撮影し作品にしました。

幾何学的な抽象写真プラスアルファニューカラー的、もしくはトイフォト、フィルム調的な
クリエイティブな表現で何かアート的な一枚を作れないかと模索した一枚です。
ここ最近はさらに抽象的な要素が自分の中では強まってきているので
こういう作品も増えていくと思います。

また選んで頂けるよう、今後も精進していきたいと思います(^^♪

追記:JPEG変換してネット上に画像をアップすると色味が濃くなってしまう為
   掲載されている画像よりは色が濃くなりますがご了承ください

ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2015-07-20 20:21 | フォトコンテスト入選・入賞関連 | Trackback | Comments(2)
2015年 01月 23日
暮れ往く冬の日
f0235723_22322466.jpg
nikon D700 TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO 2015.01.23撮影


雲一つない夕暮れの空。
日没後は気持ちの良いブルーモーメントも見る事ができた。

雨が止んだ次の日という事もあり、一日中強風が吹き荒れる一日。
風は冷たいが比較的暖かかった・・・。



ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2015-01-23 22:56 | ポラロイド・トイフォト調写真 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 22日
真冬の海岸通り
f0235723_22374790.jpg
nikon D700 TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO 2015.01.20撮影


先日行ってきた浜名湖周辺の写真の在庫から。

冬ではあるが一日中の雨。
夕方には一時的にはやんだが、また夜になって雨が降り始めた。

OLYMPUSの新型の14-150mm F4-5.6 II は防塵防滴構造という情報が出ているが
おっ、これは結構いいんじゃないのという感じの朗報。

12-40f2.8は画角が狭いという欠点があるが高倍率の防塵防滴ズームが遂に登場となると
これはスナップ派にとってはかなり魅力あるレンズだと思う。
新型のE-M5Ⅱもどんなものになるのか、俄然興味が湧いてきました。

自分としては価格と機能面でどんなものになるのか非常に楽しみだ。



ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2015-01-22 22:32 | 冬の記憶 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 20日
水平線の彼方へ・・・。
f0235723_21164753.jpg
nikon D700 TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO 2015.01.20撮影


久々に浜名湖周辺へ撮影に行ってきました。
今日の一枚は遠州灘海岸から太平洋を望む展望台での一枚。

冬の海岸沿いを歩くこと3時間。
流石に冷たい潮風は体に堪えました(^^;


ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2015-01-20 21:20 | 今日の空 | Trackback | Comments(0)