カテゴリ:風景~街角スナップ~( 47 )

2017年 05月 24日
落陽。
f0235723_21131214.jpg
nikon D800 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 2017.05.22撮影


在庫から。

喘息の回復期にみられる気怠さとぼーっとした感じが何とも・・・。
咳き込みがひどかったこともあり、体の筋肉もきしむ感じの様な鈍い痛さがある。

多分、朝晩の咳き込みが無くなればあと2,3日中には全快できそうだが・・・。



ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2017-05-24 21:18 | 風景~街角スナップ~ | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 03日
街のエアポケット。
f0235723_1951298.jpg
Canon PowerShot G5X 2017.05.01撮影



浜松まつり前の浜松街中をスナップした時に見つけた光景。
いつの間にかこの場所の建物は取り壊され、空白地となっていた。

街中のエアポケットの様な空虚で無機質な空間。



ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2017-05-03 19:53 | 風景~街角スナップ~ | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 19日
ふるさとの道10 助信町
f0235723_20452081.jpg
nikon D800 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 2017.04.13撮影



初夏を感じさせる、夏日の気温まで上昇した春の日。

雰囲気は一気に春の新緑から深緑の季節になりつつある・・・。



ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2017-04-19 18:00 | 風景~街角スナップ~ | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 14日
斑紋。
f0235723_1993764.jpg
Canon PowerShot G5X 2017.03.14撮影


相変わらずの天気で今日も一日中曇り。
明け方には雨も降っていたようで朝はアスファルトの道も濡れていた。


色々とカメラの機種選びで評判や操作のしやすさや機能などを調べているが
どうもフジのX-Pro2及び、Xマウントのカメラ群は自分が今現在
メインで使っているDxO OpticsPro 11のRAW現像には対応していない・・・。

これは非常に困る。
DxO OpticsPro 11はRAW現像ソフトとしては簡単にそして高画質な仕上げができる
使い勝手の良いソフトだ。

Adobe Photoshop CCで現像すればいい話なのだが、こちらは結構手間がかかる。
まあ、フィルムシミュレーションを後からかける事もできるのでいいといえばいいのだが
兎に角手間がかかるし、ノイズ処理がめんどくさくなる。

フィルムシミュレーションを使った場合、ノイズ処理をやってしまうと
フィルムフィルターをかけた意味が無くなるので手順がさらに煩雑になる。
結局フジのカメラが一押しするフィルムシミュレーションは自分にとっては
捨て機能になってしまうのだから魅力半減なんだよな~と。

JPEGで完結する人はいいのだが自分はRAW現像でやる事にアドバンテージを感じているので
やっぱり自分の画像編集の思想とフジの画作りは相容れないところがある・・・(^^;
今年中に一回今使っているD800をメンテに出したいのでそれまでには何とかしたいのだが・・・。

今年出るであろうD820?がさらに画素を上げてくるようだと
手持ちメインの撮影スタイルの自分にはもう使いこなせないカメラになるだろうし
最悪型落ち間際のD810を格安で買うという事も視野に考えないといけない。
いっそ、中古のD800かD800Eでもいいくらいで、D800は非常に使いやすい。

今現在D800+f2.824-70をつけっぱなしの状態で
スナップ中心の自分には取り回しも非常に良いのだ。
画角が足りない場合、DXフォーマットに切り替えて画素も1000万画素以上を維持しつつ
望遠域を105mmまで伸ばせるのでまさに今の画素数が自分にはベストで
手ブレがシビアになるこれ以上の高画素化は勘弁してほしいのだ。

だから新機種がさらなる高画素化に舵を切るようならもう買えないという事になる。
問題はこの選択肢を選ぶと、軽いシステムを組みたいという希望から
さらにかけ離れてしまうという事。

どの選択を選ぶにしても一長一短で、自分のベストは
Nikonが新マウントでフルサイズミラーレスをやる事なのだが
望みは薄そうなんだよね・・・(^_^;)
こんな事を堂々巡りのように夏まで考えるのは辛いな~。


ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2017-03-14 19:39 | 風景~街角スナップ~ | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 25日
年輪風化。
f0235723_20542528.jpg
nikon D800 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 2017.02.15撮影


農家の納屋横に置かれた木材。
多分昔、田んぼの稲刈りの収穫時に稲をかける為の
木組みの棚を作る為の木材だったのだろう。

今は減反も進み、農家の担い手も無くなりつつあり、農業をやっていたであろう
旧家の蔵横でよく見かける光景だ・・・。


さてNikonが2,3年のうちにミラーレスカメラを何機種か投入するという
記事が日本工業新聞のネタ元でヤフーニュースなどでも載っていたのだが
果たしてどうなるだろうかと・・・。

2,3年のうちにって、あまりにも遅すぎる気がするのだが・・・。
今年中にミラーレス1号機が出るのだろうか?
また出たとしてもニコ1の新機種です、だなんて悪い冗談はよし子さんである。

そもそも、まともな純正画像編集ソフトが無いのにどうやってNikonのカメラで撮った
画像データを編集しろと言うのだろう・・・。
フォトショで編集するなら別にNikonにこだわる必要が無いし、CanonやSONYでも十分だ。
Nikonの純正ソフトでしっかりNikon機独自の画像処理が生かせる専用ソフトが無いのだから
いくら新しい機種を出されても・・・、という気もある。

最近は自分DxO OpticsProを使ってるのでNikonの画像処理機能の特徴である
アクティブDライティングの設定は捨てちゃってるんですよね。
他のソフトではDライティングの設定は反映されないのでRAW現像の場合は
最初からソフトでやり直し。

いっその事DxOをニコンが買収して子会社化すれば丸く収まる話だけど
そういうソフト事業の囲い込みとか一切やらない会社だという事は
画像素子製造をソニーなどの他社に外注している時点で多分やる気が無いと思っているので
半ば諦めているが、GoogleにNikが買収されてしまい、NX2のアップデートも
その後継ソフトも出せなくなってしまい、慌てて市川に作らせた
NX-Dと言う半端なソフトで誰が納得しろと?

自社製品の部品の供給体制を人任せにする自力の無い企業は、いざ問題が起こると脆い。
Canonはなんだかんだ言っても素子製造、画像編集ソフト、そして印刷までの工程を
Canonで統一できるメリットが大きい。

デジタルの時代ってのはフィルムと違い、そういうソフト面の要素が強くなるのであって
今頃になってこんなにバタバタするって、
Nikonは、ただ一眼レフカメラだけ作ってればいいと思ってたんだろう。

ソフトの重要性を考えない、多分そんな調子じゃまた失敗するし、すぐに行き詰ると思う。
今からミラーレス作るって・・・、フォーサーズはオリとパナ、APS-Cはフジ、
フルサイズとAPS-CにソニーAPS-CにCanon、もし参入するとしたら、
フルサイズか中判ミラーレスで勝負しないと勝ち目はないと思う。
この分野がまだ未開で残されたブルーオーシャンなわけで
後発の新規参入でもライバルも少なく対抗できるからだ。

APS-Cはどこもやってるので後発のNikonは一番不利で厳しい。
フォーサーズはニコ1と差が少ない素子サイズな上に、
オリパナの長年のアドバンテージはもはや同じ土俵で勝負したらひっくりかえせないと思う。

そうなってくると、今から参入して戦えるフロンティアは
マウント径の構造上の不利な点のあるSONYのEマウントのフルサイズ機か
まだ新規参入したばかりのフジの中判ミラーレスしかないだろう。

はたしてNikonの開発陣や経営者はそのことをどう思っているのかなと。
多分今年出てくるNikonのミラーレス機がニコ1の新機種かAPS-Cのミラーレスなら
自分は匙を投げる。
とりあえず、フジかOLYMPUS機購入を視野に、動こうと思う。
フルサイズ機の更新はとりあえず凍結でD800を使い倒す予定。
一眼レフ機はいざとなればCanonがあるからNikonが経営難になった場合も考えている。


ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2017-02-25 21:45 | 風景~街角スナップ~ | Trackback | Comments(4)
2017年 02月 13日
馬込川冬景。
f0235723_2032345.jpg
nikon D800 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 2017.02.03撮影



在庫写真から。

立春を過ぎたと言っても、寒さは厳しい・・・。


今日、Nikonの決算発表もあり、どうも減収増益ではあるが赤字転落という事で
今後の収益予想も下方修正したとの事。

やっぱりコンパクトデジカメの落ち込みがひどい。
CanonやOLYMPUSと違ってNikonは光学系の事業とカメラ事業のみで
多角経営ではないのでカメラ業界の縮小は死活問題。

何年か前、ニッコールクラブ会員の会費が一気に値上がりしたのだが、あの時から
経営状況は厳しかったと思える。
自分もニッコールクラブ会員に入っていたが確か5千円か6千円そこらの会費が
9千円以上に値上がりしたのを契機に会員をやめた。

修理費が20%安くなること以外あまりメリットも無かったし、
クラブ会員の特典や主催する写真教室もあまり魅力的ではなかったので行くことも無かった。
それで会費だけ値上げされてはやめざるを得なかったというのが実情だ。

あくまでも個人的な事だがあまりメリットを感じないものに毎年1万円近くの会費を払い、
さらにニッコールクラブの写真教室に通うのも別途費用がかかる上に、都市部ばかりの開催で
地方組には交通費はかなりの負担になる。
こんなのにお金を使うなら新しい機材を買った方が満足度も高いわけだし・・・。

まあ、そんな事もあり、去年で会員をやめてしまったわけだが
今日の決算ニュースを見てNikonの経営状況の厳しさを改めて実感した。
また、ずっと発売未定になっていたDLシリーズの発売中止を発表したニュースも大きかった。


プレミアムコンパクトデジタルカメラ「DLシリーズ」発売中止のお知らせ

2017年2月13日PRESS RELEASE/報道資料


ああ、やっぱりな~と思ったし、Nikon、ヤバいんじゃね?と思ってしまったのだ。
ここ数年のNikonはどうも経営戦略が上手くいってない事が多々あり
画像編集ソフトの件でも違和感を感じていた。
NikがGoogleに買収されてしまった為、後継のソフト開発ができず
NX-Dという中途半端で使い物にならないソフトでお茶を濁しているのもいただけない。

まともな純正画像ソフトが無いのもNikonのカメラを使うのにネックになる部分だし
そりゃ売り上げも落ち込みますよ・・・。
今回のDL販売中止だって遅きに失した感があるし、去年の段階で諦めてはいたが
今後Nikonはどうなっていくんだろうかと。

なんかフジかOLYMPUSの方に機材投資の舵を切った方がいいのかな~と思ってしまった。
個人的にはソニーの様にフルサイズミラーレスを他社がやってくれれば即乗り換えなのだが・・・。
一番可能性があるのはやっぱりCanonなのかなと。

この分だとNikonから今年、デジイチの新機種が出るかどうかも判らなくなってきたし
以前にも言った様にNikonマウントへのレンズ投資は到底できないと改めて思ってしまったのだ。

ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2017-02-13 21:19 | 風景~街角スナップ~ | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 27日
東海道本線を望む。  (写真部門)
f0235723_1648558.jpg
nikon D800 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 2017.01.26撮影


昨日撮影に行ったストックから。

東海道線の駅で途中下車し、駅の構内から東海道線を望める場所で撮った一枚。

結構見事な眺望で浜松市街が遠くに見えるこのスポットは
撮影にはいい場所だと思った。
どこまでも続く東海道本線の線路を眺めつつ冬の空の青さに心惹かれた。



第一回プラチナブロガーコンテスト


ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2017-01-27 16:54 | 風景~街角スナップ~ | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 25日
完全崩壊間近。  (写真部門)
f0235723_17175469.jpg
nikon D800 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 2017.01.24撮影


このコンクリートの補強面、以前撮った時よりも崩壊が進み、
完全に粉々に砕け散るまで時間の問題だと感じた。


今日、パナソニックが新製品のカメラとレンズの発表があったが
フジも中判ミラーレスを2月に発売と各社、新製品の情報が続々出てきている。

問題はNikonなのだが、DLシリーズの発表のみだと、さびしい発表会になりそう・・・。
どうも最近のNikonは開発が遅れている様で肝心の一眼関連の後継機種の噂が
全く聞こえてこない・・・。

流石に一年延期したDLのみの発表だけ、となると、かなり経営状態が悪いと感じてしまう。
それだけ開発に力を入れられない事情がある訳で、やっぱ社内の人員削減も進める事だし
かなりゴタゴタしているのだろう。

つい最近、OLYMPUSのE-M1MarkⅡのDXOのスコアが発表になったが
マイクロフォーサーズの素子サイズのカメラで2世代前のフルサイズカメラに匹敵する
スコアは正直凄いと感じた。

D700と同等の画質があの小型ボディで再現できるのはすごい。
しかもAFの改善も進み、レフ機とそん色ないところまで来ているというし
そういう機能や画質面で劇的な向上があったのであの強気価格設定になったのだと。

まあ、高感度ISOでの画質やボケ味などはAPS-Cやフルサイズには敵わないが
街撮り用のカメラという事であれば十分に候補に挙がる機種だと思った。
あとは価格、最近フジのX-Pro2の価格が跳ね上がっているのでちょっと買えないし
E-M1 MarkⅡの価格が早く下がってくれれば購入対象になると思った。

なんだかNikonからはフルサイズミラーレスが出る気配を感じない・・・。
最近のNikonは何かにつけ焦らすパターンが多いな~と感じる。


第一回プラチナブロガーコンテスト


ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2017-01-25 17:39 | 風景~街角スナップ~ | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 21日
弁天島駅高架橋梁下通路にて。 (写真部門)
f0235723_220336.jpg
nikon D800 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 2017.01.18撮影


今日の一枚はJR東海道本線 弁天島駅側にある高架下の地下通路からのスナップ。
1960年代に建設されたこの橋梁下には時間の蓄積を感じさせる昭和の光景を感じさせる
エアポケットのような場所だ。

地下通路を通り過ぎていく通行人の後ろ姿が妙に心に残った・・・。

弁天島高架下橋梁を示す弁天島BVと書かれた看板の風化具合と文字のフォントに
ノスタルジーを感じずにはいられなかった。
この文字フォントは現代ではまず使われることのない独特の字体。

何で昭和に作られたモノにはここまで味わいや風格が宿るのだろうか・・・。


第一回プラチナブロガーコンテスト

ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2017-01-21 22:07 | 風景~街角スナップ~ | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 13日
監視の眼。
f0235723_1937989.jpg
nikon D800 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 2016.12.09撮影



在庫から。


光と影が作り出す街角の光景。
最近はニューカラー的な写真だけでなく、ニュー・トポグラフィックス的な
写真に自分の写風が傾いてきている気がする。


色々ネットの掲示板や2chなどで語られている
いい写真とは何か?というのを忘備録として記し、考えてみたい。


森山大道氏に言わせれば、写真の価値はすべて等価であり優劣はない、となってしまうのだが
ここでいういい写真とは、フォトコンなどで選ばれる写真、一般民衆に多く支持される写真、
芸術性や社会性などメッセージ性の高いと評価される写真についてだ。

いわゆるフォトコンで選ばれる写真は、インパクト勝負であり、
そして目新しさが一番重要なのだと感じる。

そして世間一般の大衆、民衆に支持される写真とは、所謂、旅行先の観光地で売ってるような
絵葉書写真や、ネイチャー系の自然風景など見た目が美しい写真、画像編集をガッツリして
写真の記録性よりも見た目の美しさ重視の写真。

そして三つめ、社会性や芸術性重視の写真とは作家性の強い撮り手の表現したいメッセージや
今現在の社会の構造や時代を切り取る、記録性を重視した写真。
例えるなら報道写真やドキュメンタリー写真などだ。

問題は写真を撮る撮り手が一体どの方面を目指すかによっていい写真の尺度は変わる。
自然美や建築美などを撮って認められたいと思えば風景写真家や建築写真家、
大衆向けのキャッチーな写真で飯を食っていきたいと思えば、所謂商業写真家という様に
目指す方向性が変わる。

自分はやっぱり写真作家的な要素が大きい。
森山氏曰く、
自分の撮りたいものを撮って飯を食っていくっていうのは大変だよね、覚悟がいる、って
言ってるのが、確かに大変ではあるが憧れでもあるのだ。

求める写真の質が人によって違うのだからどれがいい写真とは言えないというが
少なくともフォトコンなどに出す写真は作家性を前面に出すより、インパクト勝負、
切り口の面白さに重点を置いた方が入選率という点では上がる気がする。

自分は森山氏が言う様に撮る写真にその人の欲望の質や強さが出るという理論は
的を得ていると思う。
己の欲望の質を見極めれば、自ずと撮りたい写真は見えてくると自分は思う。
結局は、その見極める行為は撮る事でしか確認できないのだからやはり撮る枚数、
量の無い質は存在しないという理屈になる。

やっぱり森山大道、凄いな~(笑)

で、自分のフォトコンとの付き合い方は、
自分の撮りたいものを撮って勝負するしかないじゃん、って事にしている。
わざわざフォトコンで認められたいがために写真をそれ用に撮るでは表現性の観点からも
趣味としての満足感も、記録性やメッセージという作家性を前面に出すという点からも
かけ離れてしまうのだからやっぱり自分の軸足となる写真に求める精神性、思想は堅持しつつ
フォトライフを送る事が一番だと自分は思う。

プロの非商業写真家、つまり写真作家的なもので食っていけるかどうかは
運は天に任せるしかないというほかないという気がする。
私事ではあるが、今年は写真集作りをやったり、組写真の勉強をしたりとしてきたが
来年はもっと写真集を作ってみたい。結構写真集作りが面白く楽しくなってきている。

で、いい写真を撮るには?の答えだが、
いい写真を撮りたいのなら写真以外のものに目を向ける、モノを見る眼、洞察力を磨くことが
一番の近道だと自分は思う。
人間は見ているようでモノを見ていないし、状況や周囲の環境を把握しきれていない。
小林秀雄的に言えば、道端に落ちている石ころを1時間ずっと見続ける事なんかできやしないのだ。

大方の人間は無駄だと思ってしまうし、そこに美なんかある訳無いと言い訳をして諦めてしまう。
足元に転がっている石ころに美を見出す、そんな気構えが写真にも必要だと自分は感じるのだ。
そういう行為が苦にならない人、そういう事が出来る人にいい写真を撮れる可能性がある、
と考えればよいのではなかろうか。


ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2016-12-13 20:35 | 風景~街角スナップ~ | Trackback | Comments(0)