2017年 04月 05日
浜名湖春景。
f0235723_21134183.jpg
nikon D800 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 2017.04.05撮影


今日は久々に浜名湖へ撮影に出かけた。

一月に撮影に行って以来、久々の地域の撮影。

今日は雲も多く、正午過ぎからは雲も薄く張りはじめ、どんよりとした天気ではあったが
撮影に集中できた過しやすい一日だった。


今回は前回の浜名湖ガーデンパークよりもさらに遠くにある
村櫛海岸まで足を延ばした。

この日の撮影枚数は928枚でここ最近は撮影枚数が増えている。
そして今日の歩いた距離はざっと12キロ。
流石に10キロ以上の踏破は足に来る・・・(^_^;)

帰宅し、家についたら足がパンパンでこの分だと明日は筋肉痛だ・・・。


ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2017-04-05 21:24 | ハイキー・エアリーフォト | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sakuramark.exblog.jp/tb/27699896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えふ5.6 at 2017-04-10 12:42 x
穏やかな春の光を感じる写真ですね。
とてもシンプルで、部屋に飾っておいても飽きがこないていいかも?

12kmはすごいですね。
僕は社内の行事でもなければ、それほど歩くことはないと思います。
歩くことは、良いことだとは思うのですが、日頃の鍛え方が足りないのが、
すぐに足にきます。(^^;

浜名湖は、潮干狩りが中止になったと全国版のニュースでも流れましたね。
早くアサリがもどって活気を取り戻して欲しいですね。
鉄柱の写真などを見ると、少々寂しさを感じます。
Commented by windmark-sakura at 2017-04-10 21:00
>えふ5.6さん

オーソドックスだけどどうしても撮りたくなる光景ですね。
やはり水辺の風景と言うのは撮り甲斐もあるし、光と影が印象的な場所でもあるので
非常に写欲が高まります。

この日はまさかの12キロ超え踏破距離で流石にちょっときつかったです(^_^;)
以前はこの位へっちゃらで、20キロ近く歩いた時があるので、やっぱり体力が衰えてきているのかな~と。

2年連続で潮干狩り中止という事もあり、この界隈の寂れ具合が非常に気になりました。
何年か前、夏の花火大会も無くなってしまい、町の衰退が顕著になってきています。
昔子供の頃、よく行った場所なので、この寂れ具合は何とも悲しいものがあります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ゆらめく。      浮遊感の春空。 >>