2017年 03月 14日
斑紋。
f0235723_1993764.jpg
Canon PowerShot G5X 2017.03.14撮影


相変わらずの天気で今日も一日中曇り。
明け方には雨も降っていたようで朝はアスファルトの道も濡れていた。


色々とカメラの機種選びで評判や操作のしやすさや機能などを調べているが
どうもフジのX-Pro2及び、Xマウントのカメラ群は自分が今現在
メインで使っているDxO OpticsPro 11のRAW現像には対応していない・・・。

これは非常に困る。
DxO OpticsPro 11はRAW現像ソフトとしては簡単にそして高画質な仕上げができる
使い勝手の良いソフトだ。

Adobe Photoshop CCで現像すればいい話なのだが、こちらは結構手間がかかる。
まあ、フィルムシミュレーションを後からかける事もできるのでいいといえばいいのだが
兎に角手間がかかるし、ノイズ処理がめんどくさくなる。

フィルムシミュレーションを使った場合、ノイズ処理をやってしまうと
フィルムフィルターをかけた意味が無くなるので手順がさらに煩雑になる。
結局フジのカメラが一押しするフィルムシミュレーションは自分にとっては
捨て機能になってしまうのだから魅力半減なんだよな~と。

JPEGで完結する人はいいのだが自分はRAW現像でやる事にアドバンテージを感じているので
やっぱり自分の画像編集の思想とフジの画作りは相容れないところがある・・・(^^;
今年中に一回今使っているD800をメンテに出したいのでそれまでには何とかしたいのだが・・・。

今年出るであろうD820?がさらに画素を上げてくるようだと
手持ちメインの撮影スタイルの自分にはもう使いこなせないカメラになるだろうし
最悪型落ち間際のD810を格安で買うという事も視野に考えないといけない。
いっそ、中古のD800かD800Eでもいいくらいで、D800は非常に使いやすい。

今現在D800+f2.824-70をつけっぱなしの状態で
スナップ中心の自分には取り回しも非常に良いのだ。
画角が足りない場合、DXフォーマットに切り替えて画素も1000万画素以上を維持しつつ
望遠域を105mmまで伸ばせるのでまさに今の画素数が自分にはベストで
手ブレがシビアになるこれ以上の高画素化は勘弁してほしいのだ。

だから新機種がさらなる高画素化に舵を切るようならもう買えないという事になる。
問題はこの選択肢を選ぶと、軽いシステムを組みたいという希望から
さらにかけ離れてしまうという事。

どの選択を選ぶにしても一長一短で、自分のベストは
Nikonが新マウントでフルサイズミラーレスをやる事なのだが
望みは薄そうなんだよね・・・(^_^;)
こんな事を堂々巡りのように夏まで考えるのは辛いな~。


ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2017-03-14 19:39 | 風景~街角スナップ~ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sakuramark.exblog.jp/tb/27639193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 切断されたもの。      春曇りの闇空。 >>