2017年 01月 30日
のたうつ。 (写真部門)
f0235723_19313723.jpg
nikon D800 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 2017.01.26撮影


午前中は雨だったが、夕方には晴れはじめて、太陽の陽射しを見る事が出来た。

今日もD810後継機の話題。

どうもデジカメinfoではソニー製4200万画素のセンサーを
載せてくる可能性が高いと予想する人が多いようだ。

う~ん、4200万画素ね・・・、RAW現像で編集したら
データサイズは一体どのくらいになるのか・・・。

考えてみるとCanonの5Ds5300万画素はやっぱ、やりすぎで使い勝手が悪いという
話も聞こえてくるし、そもそも周りでこのカメラを持ってる人もいないし見かけたことが無い。

NikonのD800系やCanonの5D2~3はよく見るが・・・。
やっぱPCの性能が頭打ちの上にカメラボディの価格が40万越えだと買えないし、買わないわな~。

20万円前後でフルサイズ機は手に入る訳で、
そのカメラと比較してどれほどの画質の向上があるのか、
と言われれば印刷では全く分からないし、いくらモニタで鑑賞と言っても等倍鑑賞なんかしないし。

Nikonはこの期に及んでまだ高画素化競争を続けるのだろうか?
今後のカメラは処理チップの技術革新や軽量化に移っていくような気がするのだが・・・。
あと、D810後継機にはできたら、電子シャッターを採用して欲しい。
レフ機で電子シャッターを採用できるかは知らないが・・・。
1/32000秒まで対応できるようになると個人的には地味ではあるが魅力的だ。

軽量化、電子シャッター搭載を考えると
やっぱミラーレス化するしかないだろうという答えが出てくる。
NikonのFマウントはミラーレスには不向きだから、そうなると新マウントという事になるので
Nikonはミラーレス化するのが遅れる可能性もある。

あまり業績も芳しくなく、開発速度も遅くなっている
NikonFマウントにあまり投資は出来ない訳で、レンズ投資は慎重にならざるを得ない。


第一回プラチナブロガーコンテスト

ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2017-01-30 20:05 | ニューカラー調・フィルム調 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sakuramark.exblog.jp/tb/27492998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えふ5.6 at 2017-01-30 23:28 x
4200万画素ですか?
僕には全く必要ない画素数ですが、世の中には必要とする人がいるのでしょうね?
でも、どんな人なんでしょう?
4200万画素や5300万画素は、数字だけ見るとインパクトはありますが、
これは、日帰り旅行に大きなスーツケースを持って行くようなものでは?と思ってしまいます。
Nikonには、ぜひ、これ以上数字を追わず3600万画素で他にできる事をやっていただきたいものです。
いつだかのアサヒカメラで高画素カメラ対決をやっていましたが、
けっしてD810は劣っていなかったですから。
Commented by windmark-sakura at 2017-01-31 20:37
>えふ5.6さん

4200万画素でも物足りなくて、7000~8000万画素が必要だ!って、言ってる人もいるのですから呆れます(*_*;
そんな巨大なデータ、何に使うの?って言いたくなりますが
世の中、写真を撮る事より、カメラのスペックや新しいものを所有する事が喜びであり趣味と言う
カメラマニアがいるのですよ(^_^;)

撮影が目的で作品作りを生業にする写真家、もっと言えば写真作家は、森山大道さんなんかもそうですが
カメラだったら何だっていいんです。
森山さんはフットワーク重視でコンデジしか使いませんからね。

自分は画質面とフットワークの兼ね合いで大口径ズームとデジイチと言う組み合わせで
今の重さが妥協できるぎりぎりの重量。
重量、画質、コスパ、機能性の4つを納得できるレベルでと考えた結果が今の機材体勢で
写りさえ良ければどんなに値段が高くても使い勝手が悪くなってもいいという人間ではないので・・・。

多分、画素数がアップすると自分は買うかどうかかなり迷いますね・・・。
これ以上の高画素化は本当にに勘弁してほしい。
8000万画素なんてもってのほかです(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 冬の用水路。  (写真部門)      集結。  (写真部門) >>