2016年 12月 12日
冬雲、流れる。
f0235723_20384939.jpg
nikon D800 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 2016.12.09撮影



先週末撮ったスナップから。

週末から一気に冷え込み、ようやく本格的冬到来という感じになってきた。
それでも例年と比べれば冷え込みはまだまだだが・・・。

冬という季節は自分は写欲が高まるシーズンで、何気ない日常の光景が
劇的に見える、そんな季節だと思う。

理由は、夏や秋、春と比べて、風景の色彩が乏しいくなる事と
イベントが少ないという事が大きいと思う。

要は目移りしない、被写体への洞察力や観察力が重要になる季節であり
余計なものが削ぎ落とされて何を撮りたくて、何を表現したいのかが自分にとっては
非常に明確になる季節なのだ。

冬の陽射しが作る、光と影でも十分に面白い。



ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2016-12-12 20:45 | 空・雲・太陽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sakuramark.exblog.jp/tb/27293362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 監視の眼。      冬空の頭上風景。 >>