2016年 10月 21日
警戒
f0235723_20105115.jpg
FUJIFILM X-T1 フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR 撮影


アサヒカメラ 2016年 11 月号 カラープリント部門にて3位入選致しました。

今年アサヒカメラのフォトコンは4回目の入選となった。
今年二月から応募を始めて4回の入選ならまずまずの結果と言った所か。

アサヒカメラのフォトコンは今年が初めてだったしレベルの高い雑誌のフォトコンなので
どれくらい選ばれるのか自分としてはかなり低めの結果を予想していたので
今年の結果は上々だと感じた。

あとは来月号12月の各雑誌のフォトコンの結果のみとなったが
来月アサヒカメラの方はダメだったので結果が出ていないのは
フォトテクの玄光社さんの投稿ギャラリーとデジタルカメラマガジンの2部門のみ。

今年最後のフォトコン、なんとか一枚位は引っかかって欲しい。


今回入選した写真はガンレフの方にアップしてあった写真だがこちらでは全く選ばれず
アサヒカメラの方に投稿したもの。
個人的にこの作品は気に入っていて、どこかで引っかかってくれないかと思っていたが
アサヒカメラのカラープリント部門3位と大金星を挙げてくれた。

アドバイスには組写真向きの作品という指摘があったので
なるほど、すごく参考になった。
組写真の組方が自分は苦手で兎に角、撮った写真をどう組み合わせればよい組写真になるのか
まったくの手探り状態。

淡々と記録的、記憶を焼き付ける様に撮っていくのが自分のスタイルで
写真集もきわめて説明的でまるでガイド的な写真集になってしまう。
森山大道さんや中平卓馬のように撮りっぱなし、ひたすら記録に徹する様な写真のスタイルに
似ているので組写真は苦手なジャンルであることは言うまでもない。

組写真の場合、何枚かの少数の写真で
その状況や作者の心情などを上手く表現する能力が求められるので
自分が写真に対して求めるものや軸みたいなものが無いとうまくいかないのかもしれないですね。
もっと組写真が上手くなる為には、
いろんなテーマを探していかないと駄目だと感じた今回の入選だった。

来年の目標がとりあえずできた。
これはなかなか難しい目標だ(^_^;)



ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

アサヒカメラ 2016年 11 月号 [雑誌]

朝日新聞出版



by windmark-sakura | 2016-10-21 20:39 | フォトコンテスト入選・入賞関連 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sakuramark.exblog.jp/tb/26513680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by えふ5.6 at 2016-10-23 21:30 x
入選おめでとうございます。
紙面でも、他の写真にはない雰囲気を持っていて
目立っていたと思います。

僕もアサヒカメラを選んで応募し始めたのは、
レベルが高いと聞いたからです。
折角やるなら、レベルの高いところで腕を試してみたいと思いました。
ただ、やっているうちに思ったのですが、
レベルが高いというか、選者の先生次第なんじゃないかなと。
確かに歴史ある雑誌なので、古くからのファンはいるとは思いますが、
逆に若い方の目新しい写真は、少ないように思います。

組み写真は、難しいですね。
一時期、嵌ったことがありますが、入選率は低いです。
今は、デジタルカメラマガジンの隔月の募集に出すぐらいですが、
正直、それほど力は入れていません。
どう組むかは、一度、巧い方、プロの方に話を聞いてみたいです。
組み方のコツさえ掴めば、面白くなりそうな気がします。

フォトテクニックデジタルの方も入選おめでとうございます。
Commented by windmark-sakura at 2016-10-24 19:39
>えふ5.6さん

お祝いのお言葉ありがとうございます。

選者の先生次第というのは重要なファクターだと自分は思います。
清水先生は玄光社のフォトテクニックデジタルの投稿ギャラリーで自分の作品をたくさん選んで頂き
本当にありがたいと思っています。
やっぱり先生の好み、表現の仕方の好き嫌いで選ぶというのはあると思いますね。

問題はどんな先生でもそれなりの評価を受けている投稿者がいるというのも事実で
そういう方と自分の表現の仕方や作品レベルがどう違うのか、常に考えさせられます。
来年もアサカメのカラープリント部門は清水先生なので、頑張っていい作品を発表できたらと思っています。

デジタルカメラマガジンのフォトコンは合成加工何でもありで奇抜な写真が多いと思いますね。
そういう意味では若いと思います。アサヒカメラは重厚で伝統的な王道スタイル写真。
何社かのフォトコンに応募してどこでも安定して評価されるようになる様な写真を自分は撮りたいな~と。
そういう事を続けることによって自分の写真も変化していくんじゃないかと考え今は、精進あるのみです。

組写真はう~ん、まったく掴みどころが無くて難しいの一言。
今は数をこなしてあれこれ組んでみるしかないのかなと。
自分も組写真のコツというのを聞いてみたいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 高層雲広がる夕暮れ      真冬の防風林散歩道 >>