2015年 06月 26日
風化し往く刻印
f0235723_2132153.jpg
nikon D800 ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED 2015.06.25撮影


在庫写真から。

今日は朝から強い雨が降り続いている・・・。
梅雨末期というような感じ。

今日ソニーのα7シリーズの最新機種α7RⅡの発表が正式にあった。
やはり高いですね・・・。
流石にソニーの機種でいくら最新鋭で世界初の技術が搭載されている高級機と言っても
あの形ではどうもその値段の価値を個人的な主観ですが感じないんですよね・・・(^^;

42万円オーバーのソニーの新機種買うなら自分は素直にニコキャノのカメラを買いますね。
所有感や堅牢性、アフターケアと言ったメーカーの対応まで考えると
新技術搭載で軽くて高画質でもメーカーの対応に不安が残り堅牢性にも不安があるメーカー
ともなれば流石に躊躇します。

色々掲示板を見ていても、
ソニーのあの新機種買うなら素直にライカかった方が幸せになれるという言葉も
言い得て妙ですね(^^;)
確かにライカ、所有感はありますし陳腐化もしにくい工芸品レベルのカメラですから
買って損は無いと思います。

昨日も書きましたがオールドレンズを使用するためのマウントなら
フジのXマウントもあるし、今後ニコンもフルサイズミラーレス市場に本格参入すれば
大きな流れもできてくるでしょうし、オールドレンズを使用するために
ソニーに行こうか躊躇しているユーザーさんは
フジのXマウントあたりで楽しむのが一つの選択肢としてありではないか?と、
自分は感じました。

という事で、X-T1を買う予定なので当面はXマウントでオールドレンズ遊びと
悪天の日のスナップはこれで行こうと思います。

フジの画作りは今までいろいろ見てきましたがデジタル的で透明感ある描写、
フィルム的なレトロで味わいのある描写、エアリーフォト、ハイキー調の女子カメラ的な
表現も得意という事で、自分としては操作性に難はあれどすごく魅力的な
カメラシステムに思えたからです。

スナップで使用の為、動体をよく撮る事も無いので、
AFのトロさも目をつぶれますし、29日のファームアップでいくらか改善するでしょうし
自分にはあまりマイナス要素が無いと感じたのも大きいです
いざという時はD700とD800もありますし。

APS-Cサイズのカメラでありながら、キレのある描写で画素数も控えめで
PC処理にも優しい、なかなか痒い所に手が届くカメラだと感じました。
D800とT1を使い分けて当面はこの二台体制で作品作りをしていきたいと思います(^^♪

25日から始まったキャッシュバックキャンペーンがとどめでした(笑)
当面は金欠ですw



ブログランキングに参加しております ポチッ!してくれると励みになります


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

by windmark-sakura | 2015-06-26 21:56 | ニューカラー調・フィルム調 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sakuramark.exblog.jp/tb/24180147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 壮大に焼けた・・・。      ⇦(やじるし) >>