2012年 01月 22日
表現者スペシャル・さようなら戦後日本[桜H24/1/21]
久々に昨日放送された討論の動画をアップします。









今回の討論は面白いし、深い討論でした。
戦後日本の終わり、戦後の日本的思考のおかしさを断罪しています。

TPP問題で有名になった皆さんも知ってる人が多いと思いますが
中野剛志先生も西部邁先生のお弟子さんでオピニオン雑誌表現者の執筆陣でもあります。
今回も中野先生の問題提起、「バカ保守」というのがいい例えです(笑)

日本には保守と騙る似非、営業、バカ保守が異様に多いです。
保守思想を理解しているまっとうな保守派というのは実はもっと少ないもので保守派は優秀な人が多いのだという、中野先生の言上げに対してなるほどと納得しましたね。

また、戦後保守の定義をフィリップにまとめて出してくれた富岡先生の表を書き起こすと、

・親米保守 →米国に依なすればよしとする 従属根性
・改革保守 →「維新」という語を取り違える 錯覚野郎
・経済保守 →戦後の経済成長を礼賛する 成金趣味
・反共 反マルクス保守 →共産主義を敵とする 右翼小児病
・皇室保守 →皇室を愛護すればよしとする 今中主義
・風土論保守 →一神教を理解せず多神教賛美 宗教音痴


わかりやすくまとめてくれたな~(笑)
戦後保守にまともなのがいないという訳で、サヨクに至っては論外だ、という事で話す余地も無い訳です。
今起こってる大阪の橋下維新の会なんか典型的なバカ。
結局、小泉政治の焼き回しの様な事をやってるだけで、大阪はますます疲弊していく事は間違いなさそうです。

結局、日本人って物事とか理論というものを深く考えないんだと感じます。
雰囲気とか、感覚感性、で判断していると感じますね。
感性感覚も一体どこから発生してるのか?とか考えないでしょうし。
今回の議論は実存主義的な部分にまで及んでいて深い議論で勉強になりました。

by windmark-sakura | 2012-01-22 11:30 | 思想・哲学・文化評論 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sakuramark.exblog.jp/tb/17103587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 2012 冬の記憶 №02 ~...      老いたる旗手・・・ >>